長期修繕計画検討支援

長期修繕計画見直し支援サービス

マンションには、修繕工事を計画に工事を行うため、長期修繕計画を作成しています。
一般的には、5年毎に見直しをすることが望ましいとされています。
長期修繕計画を見直しすることで、これまで積み立てている修繕積立金に過不足が生じないか、修繕積立金を見直しする貴重なきっかけとなります。
こんな場合に・・・
  1. 理事会の中に修繕工事に詳しいメンバーがいない
  2. 現在制定されている長期修繕計画の内容がよくわからない
  3. 管理会社からの見直し案が妥当なのかよくわからない
  4. 資金計画に無理があるようだ
  5. 長期修繕計画の今後に不安がある
  6. 長期修繕計画を組合員に周知したい

長期修繕計画見直し支援サービス内容

  1. 長期修繕計画周知活動支援
    現在制定されている長期修繕計画の周知をサポートします。 場合によっては、説明会等を開催し、組合員へ周知します。
  2. 修繕積立金・資金計画見直しサポート
    長期修繕計画から、計画修繕工事にいくら支出可能なのかといった資金計画の見直しサポートを行います。
  3. 長期修繕計画の確認サポート
    現在、見直しされている長期修繕計画に抜け等がないかチェックを行います。
  4. 理事会決議後、総会の議案書作成のサポートを経て最終決定をします。

料金

検討されている長期修繕計画の検討段階により変動します。
  • 60,000円(税別)~
    ※ヒアリングのうえ、事前に見積書をご提出いたします。
    ※当事務所では、数量等の積算業務を実施しておりません。積算が必要な場合は、提携事務所を紹介します。
    ※全戸配布資料の印刷代につきましては、ご負担をお願いしております。

サービス導入のメリット

計画修繕工事検討支援サービスを導入することで、管理組合にとって下記のメリットが得られます。
  1. 管理会社に有利な長期修繕計画の予防
    ケースによりますが、管理会社が見直し案を作成する場合、自社へ修繕工事の発注を誘導するような、計画を作成する場合があります。
    第三者のチェックを取り入れることで、管理会社に有利な長期修繕計画の見直しを予防します。
  2. 管理組合活動の活性化
    当事務所では、長期修繕計画見直しを、管理組合全体のイベントと位置づけております。
    修繕積立金の値上げに影響することから、資金計画含め広報活動を行うことで、合意形成を円滑にします。
  3. 検討の確保
    とかく重要な長期修繕計画ですが、一般的には、検討に時間を確保できず、見直し案が素通りし、総会に議案上程され承認されてしまうことがあります。
    当事務所を活用頂くことにより、専門的な立場から見直し案を精査することが可能です。